2009年5月アーカイブ

古くから憧れ知っている人なので、身内が亡くなった様で・・なんだかとっても淋しい気持ちです。

もちろん闘病のことは知っていたし、転移したことも知ってました。

でも...清志郎は不死身と勝手に考えていました。

satomi91.jpg『わかってもらえるさ』

こんな歌 歌いたいと思っていたのさ ♪
すてきなメロディー
あの娘に聞いて欲しくて
ただそれだけで歌うぼくさ

この歌の良さがいつかきっと君にも
わかってもらえるさ
いつか そんな日になる
ぼくら何もまちがってない もうすぐなんだ

                                                   
気の合う友達てたくさんいるのさ
今は気付かないだけ
街で すれちがっただけで
わかるようになるよ

いつか君にも会えるね
うれしい報せを もっていってあげたいんだ  ♪
satomi92.jpg友達から借りたレコード『EPLP』のA面1発目のこの曲

初めて清志郎の詩と声を聞いた瞬間でした。

内気な少年はこの曲がとても好きでした。

「気の合う友達てたくさんいるのさ 今は気付かないだけ」...どれだけ勇気づけられた事か。

それからは、初期のRCなどフォーク時代の音源を好んで聴いていました。

今年、中学生2年の息子がいますが、この曲を聞かせたいと思っています。
ソロ活動中も、大阪城野外音楽堂やライブハウス等で夫婦で楽しませてもらいました。

ありがとう!清志郎!
でもやっぱり淋しい・・・。

                                             H21.5.3  

                                             合掌