1990年2月14日(水)The Rolling Stones 東京Dome

| コメント(0) | トラックバック(0)

blog54.jpgしかし まぁ... 20年前か~  ┐(´~`;)┌ 歳を とった はず です...

1990年の  ローリング・ストーンズ 初来日公演 初日に 東京ドームに行きました。

公演は、東京公演のみで...1万円! チケットを 握り締め 大阪から新幹線を使って...

なんとも、バブリーな行動を していたものです。

 

それにしても...1万円!て...  ストーンズさん達から ですよね...

チケット代金が急に上がりだしたのは...当時日本のバンドでチケット相場は大体3千円前後、

外 タ レさんでも、5千円前後( 88' の RON WOOD BO DIDDLEY  で 4300円 )でした。

(バブル崩壊当時)株価は下落状態なのに、チケット代金は上昇の傾向を 辿る 珍事!

今じゃあ  ストーンズさん達のチケット S席18000円 するそうですね ( ̄□ ̄;)!! 

流石、 伝説のバンド!  でも、見る価値は十分あるのでしょう!

 

        恨み節は さておき、

オープニングからの流れの 1曲目『 Start Me Up 』で 始まりましたが、

オープニングSE(Continental Drift)が 盛り上げ (音量)すぎたせいか?

キース・リチャードさんのギターフレーズが 薄ぺらく 感じましたが...

曲が進むにつれ、(5人から)バックも増え らしく らしく なって来ました。

( などと...生意気言ってすみません 20代前半の若造でした )

 

そこに、お目当てだった Honky Tonk Women 前奏で!( 「rockin'on」?の漫画で見た)

 伝説のキース・リチャードさんの「両手ぶらり奏法(ノーガード奏法)」

矢吹ジョーの「両手ぶらり~ノーガード戦法」に似た... 顔は力石徹? )

 

GuitarWorld10.02[1].jpg

   Honky Tonk Women

前奏では...

 最初 開放弦でネックは掴まず 左手ブラ~リ!  

上体を 前屈みにして ( ジョーの如く 目はギラギラの闘争心 ) 

右手はだらりと 垂らし肘を 曲げ 「弾くべし!弾くべし!」

 

(←  こんな感じです )

 

 

伝説の?ノーガード奏法を目の当たりに出来 ( モニターにて...  後日テレビでも再確認!)

感動 も ピーク に!  後は野となれ 山となれ  状態で 盛り上がりました。

最後には ドームで打ち上げ 花火 ( ̄□ ̄;)!! が上がり!( 火事を 心配しましたが... )

またまた 感動!  恐るべし  ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)!

 

『 バブリー旅行記 』 初来日公演体験記でした...。

 

 

注) いろいろと、不適切な表現を しているかも解かりませんが...

ファンの方 怒らないで下さいね。( わたしも1ファンです ( ̄▽ ̄)V

どうぞよろしく お願いします。

 

    余談ですが...

 キース・リチャード さんの ステージ衣装は

女性モノの COMME des GARÇONS  の Tシャツでした。

意外と華奢な方だったんですね...。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kadoma-megane.com/mt/mt-tb.cgi/214

コメントする

このブログ記事について

このページは、kadomaが2010年2月14日 11:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昨日は... ( ̄▽ ̄;)b」です。

次のブログ記事は「1990年2月15日の東スポ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。