豊岡市(兵庫・但馬) めがね(眼鏡/メガネ)・アクセサリ・時計・薩摩ボタン・レコードジャケット時計・宝石・アパレルetc販売店(通販可)カドマメガネ

メガネ(レンズ)の取り扱いについて

メガネの基本的なお取り扱いについて

  ○ー○、メガネの掛けはずしは

   両テンプル(つる)をしっかりと左右の手で持って、両手で持って掛けはずしをお願いします。

  片手で掛けはずしを行うとフレームに無理な力が掛る事がある為に、

                              メガネの変型・破損の原因となります。

  ○ー○、メガネを置くときは

  机の上など硬いところに置かれる場合、レンズの表を上向きに置いてください。

                                 レンズ面の傷の原因になります。

  また、メガネをご使用になられない時はなるべくメガネケースに入れて下さい。

 (しっかりと保護にもなります)

  ○ー○、メガネ(レンズ)のお手入れについて

   ○ー○、 レンズを拭くとき は

      必ず、拭く方のレンズを持って(*レンズふち<リム>をしっかりと支えて)

                   専用のメガネ拭きか、ティッシュペーパーなどで拭いてください。

      反対のレンズを拭かれる場合は、必ず持ち替えて拭く方のレンズを持って同様に拭いて下さい。

      *メガネ屋さんがレンズを拭かれるを参考にもしてみて下さい。 

         レンズにゴミやホコリが付いているときは、

           水洗いしてから ティッシュペーパー等でしっかりと水気を取てから拭いて下さい。

      (ホコリが付着したままの空拭きはキズの原因になる事があります)

 

   ○ー○、メガネを洗うときは

    必ず、水で洗いでお願いします。

     お湯やアルカリ水は、レンズ表面のコート膜が劣化しはがれる原因になります。

     特にプラスチックレンズは、ぬるま湯も使いつづけると後で影響が出くる事もあります。

       特に、汚れが落ちにくいときは、中性洗剤(台所用洗剤など)を薄めた液で洗ったあと、

         よく水ですすいでからティッシュペーパー等でしっかりと水気を取て拭いて下さい。

注:水で洗った後や、レンズが濡れた時は水分をふき取ってください。

          そのまま長く放置すると、レンズに水跡がシミのようになって取れなくなる場合があります。

 

    石鹸(ハンドソープ等)、アルカリ性などの洗浄剤はご使用を避けて下さい。

    *レンズのコーティングに影響が出る場合がありますので中性の洗剤でお願いします。

 

   ○ー○、メガネが曲がったり歪んでしまった時

          メガネが正しくフィットしていないと、

               見え方具合にも影響があり目の疲れの原因にもなります。

          また、耳や鼻も痛くなりひどいときには傷になりますので、

               御自身では 触らずに早めにメガネ屋さんで調整して下さい。

 当店へお持ちいただければ調整いたしますので、お気軽にお申し付けください。

 

    テンプル(つる)ネジが固くなって開かない・閉じない。

        原因はサビや汚れ、または金属のかみ合わせが悪くなることによります。

                                        ムリに動かそうとすると 破損の原因にもなります。

        お客様ご自身でミシン油等を 注して動くようになることもありますが、

                       あまり固い場合は メガネ屋さんで点検して下さい。 

 当店へお持ちいただければ点検いたしますので、お気軽にお申し付けください。

 

    ナイロール(溝ほり)フレームのレンズを支える ナイロン糸は、

      劣化のため切れてしまう場合がありますので、一年を目安に交換をおすすめします。

    ツーポイントメガネはレンズに穴をあけているため、

                両手での掛け外しなど丁寧に扱ってください。

           定期的にネジのゆるみなどの調整にお持ちになる事をお勧め致します。

  (簡単な調整で直ることもありますが、ネジ等のパーツ交換が必要になる場合もあります)

 

   ○ー○、熱にはご注意下さい!

                プラスチックレンズは特にお気を付け下さい!

         プラスチックレンズの素材は熱により素材そのものが膨張するため、

                       表面に蒸着されているコート膜がはがれてきます。

          症状は、レンズ表面が

        トンボの羽模様のように細かくひび割れたり、表面に汚れがついたようになったり、

                     そして末期症状は曇りガラスのようになってしまいます。  

  

        60℃以上という一応の基準がありますが、

         お風呂の40℃前後のお湯でも影響が出る場合がございますのでお避けください。

  

*良くあるケースなのですが、運転の時だけメガネのご使用をされると言うお客様が、

車の中にメガネを 置きっぱなしにされる事が・・

特に夏場の車の中は大変に温度が上がったりします。

上記のようにレンズのコーティングがひび割れた状態になったりしてしまいます。

メガネフレーム(プラスチック系)も熱により変型の原因になります。

(同質のサングラスもお気お付け下さいね)お気を付けて下さい。


       特に気をつけていただきたいこと

お湯で洗う事、サウナでの使用、お風呂・温泉での使用

ドライヤーの熱風、暖房機具の近く

炎天下の車内に放置(70℃~80℃になります)

炎天下の砂浜や直射日光のあたる場所での放置

 

 

          末永くメガネを快適にお使いいただくために、

                       定期点検をおすすめします。

また、掛かり具合の調整やクリーニング、視力検査は

いつでも無料で承りますので、お気軽にお申し付けください。

 

眼鏡用語解説

眼鏡の玉型(ラウンド・ボストン型)

眼鏡の玉型 (オーバル型)

眼鏡の玉型(フォックス型) 

眼鏡の玉型 (ウエリントン型)

眼鏡の玉型(ティアドロップ型)

 

分かりにくい事やご質問の際は当店へお問い合わせください