プロフィール

profile


このブログを管理している【ワタナベ】と申します。
神奈川県のクリニックで働く医師です。
以前は東京で勤務していましたが、転職したのを機に神奈川県に引っ越しました。
東京と比べてメリットやデメリットもあると思います。
ですが、私は家族と一緒に神奈川に引っ越してきてよかったと思っています。
神奈川の今の病院に転職したときに、私が調べたことや感じたことをつづっています。誰かのお役に立てれば幸いです。

  1. 医師専門求人サイトの有用性と神奈川県内への転職のすすめ

医師専門求人サイトの有用性と神奈川県内への転職のすすめ

  医師募集案件や医師専門求人サイトで確認を

神奈川県内で医師として働くことが少しでも念頭にあるのであれば、医師専門求人サイトへ登録し、そこで医師募集案件の確認をスタートさせてみましょう。
実際に眺めてみなければわからないことが多いはず。

求人傾向はもちろんですし、具体的な案件例などもサイトをチェックすることで把握に至るため、応募するか否かは関係なく、ひとまずチェックしてみることをおすすめします。

医師自身が神奈川県で就労先を探す際、どのようなサイトを選択するのかも重要です。
医師専用の求人サイトは1つや2つではなく、網羅するのが難しいほど存在しています。
その中から1つに絞り込む必要はありません。
しかし、次第に使いやすさや情報量などから、1つないし2つのサイトへと絞り込まれてくるでしょう。

その絞り込まれる過程が重要であり、複数利用することでしかこれは起こり得ないため、早めに登録と検索を始める必要があるのです。

また、求人サイトの中には転職サポートサービスを備えたサイトもあります。
検索だけでは医療施設の詳しい状況がわからない、そんな不安を抱く医師がまさに利用すべきサービスとなります。
サイト内には掲載されていない医師募集案件をスタッフが抱え、登録医師に対して個別に紹介するサービスもあるので、是非利用したいところです。

  積極的に選ぶべきである神奈川県内への転職

医師不足というのは、医師にとってデメリットばかりではありません。
極端に就業人数の少ない劣悪な勤務体制の医療施設を選択してしまえば、その煽りを受けることになるためデメリットが強調されてしまいますが、医師不足がなければ条件や待遇等の高い優遇案件と出会えることもないのです。

全国でも医師の不足が問題となっている神奈川は、高待遇の案件が非常に多く揃っているので、その点では医師にとって大きなメリットとなり得るでしょう。

また、エリアにもよりますが生活もしやすく、都市部ならではの恩恵も受けられるはずです。
家族のいる医師にとっても選んで損の少ない地域ですから、積極的に検討してもらいたいもの。
求人数そのものも多数あるので、選択肢にもさほど困らないでしょう。
中々採用にまで至らずとも、同県内で働くことをすぐに諦める必要のないほどの求人数が存在していることは、これも転職を望む医師にとってはメリットとなり得るはずです。

転職先の選び方は医師ごとに異なるのかもしれません。
しかし、神奈川県という地域は非常にバランスがよく、キャリアを築く上でも良い環境が整っていると言えるのではないでしょうか。

まとめ

  神奈川県内にある膨大な医師の求人を探す際は医師専用の求人サイトを利用しよう。

  転職に対し不安な医師は転職サポートサービスを備えたサイトを利用しよう。
┃医療施設の詳しい状況
┃内部事情
┃サイト内には掲載されていない非公開の医師募集案件
┗個別に医師の求人を紹介するサービス

 神奈川県の医師不足はデメリットばかりではなく、条件や待遇等の高い優良の案件にチャレンジできるいい機会といえる。